ポスト印象主義画家一覧

セザンヌ(1839-1906)フランス/対象のあるがままの形を把握し、それを表現しようとした近代絵画の父 ゴーギャン(1848-1903)フランス/目に見えない神秘的な要素、観念、思想をカンヴァスの上に再現する総合主義を提唱 ゴッホ(1853-1890)オランダ/重量感を与える厚塗りで風景の中に自分の精神状態を描き出そうとしたポスト印象派を代表する激情の巨匠 スーラ(1859-1891)フランス/視覚混合を使った作品を考案、新印象主義の創始者 シニャック(1863-1935)フランス/スーラ亡き後、新印象派の担い手
 

ポール・ゴーギャン作品

  1. 裸婦習作(1880年32歳)ゴーギャン/日曜画家時代の作品

  2. 夜会服のメット・ゴーギャン(1884年36歳)ゴーギャン/メットと1973年に結婚

  3. 説教と幻影(1888年40歳)ゴーギャン/総合主義を確立した作品

  4. ひまわりを描くゴッホ(1888年40歳)ゴーギャン/ゴッホと同居したのは、彼の弟テオが絵を買うという条件だった

  5. 自画像、レ・ミゼラブル(1888年40歳)ゴーギャン/ゴッホの求めで描かれた自画像

  6. ブルターニュの女たちと仔牛(1888年40歳)ゴーギャン/ゴッホの求めで描かれた自画像

  7. 黄色いキリスト(1889年41歳)ゴーギャン

  8. アルルの夜のカフェにて(1889年41歳)ゴーギャン

  9. 今日は、ゴーギャンさん(1889年41歳)ゴーギャン/クールベの同名作品を意識

  10. ハム(1889年41歳)ゴーギャン/ハムや金属を描いた異色の静物画

  11. 浮世絵のある静物(1889年41歳)ゴーギャン/画家に対する浮世絵の影響が論じられる時、この作品が必ず引き合いに出される

  12. タヒチの女(1891年43歳)ゴーギャン

  13. イア・オラナ・マリア(1891年43歳)ゴーギャン/イア・オラナとは画家に強い印象を与えたタヒチの挨拶の言葉

  14. アレオイの種(1892年44歳)ゴーギャン

  15. かぐわしき大地(1892年44歳)ゴーギャン

  16. アレアレア(1892年44歳)ゴーギャン

  17. いつ結婚するの?(1892年44歳)ゴーギャン

  18. マンゴをもつ女(1892年44歳)ゴーギャン

  19. 市場(1892年44歳)ゴーギャン/エジプトのフレスコ画に基づいて描かれている

  20. 海辺で(1892年44歳)ゴーギャン

  21. 死霊が見ている(1892年44歳)ゴーギャン

  22. かぐわしき日々(1896年48歳)ゴーギャン

  23. 自画像、ゴルゴダ近く(1896年48歳)ゴーギャン

  24. ネヴァ・モア(1897年49歳)ゴーギャン

  25. 夢(1897年49歳)ゴーギャン

  26. ヴァイルマチ(1897年49歳)ゴーギャン

  27. 我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処へ行くのか(1897-98年50歳)ゴーギャン/単純化した形を太い輪郭線で縁取る新しい描き方

  28. 白い馬(1898年50歳)ゴーギャン

  29. 赤い花の乳房(1899年51歳)ゴーギャン

  30. そして彼女たちの肉体の黄金(1901年53歳)ゴーギャン

  31. 野蛮な物語(1902年54歳)ゴーギャン

  32. ヒヴァ・オアの魔術師(1902年54歳)ゴーギャン

各画家の代表作品

グランドジャット島の日曜日の午後(1884-86年27歳)スーラ/小さなドットのみで描かれた画家の代表的作品 夜のカフェテラス(1888年35歳)ゴッホ イア・オラナ・マリア(1891年43歳)ゴーギャン/イア・オラナとは画家に強い印象を与えたタヒチの挨拶の言葉 井戸と女性(1892年29歳)シニャック リンゴとオレンジのある静物(1895-1900年61歳)セザンヌ
PAGE TOP