ポスト印象主義画家一覧

セザンヌ(1839-1906)フランス/対象のあるがままの形を把握し、それを表現しようとした近代絵画の父 ゴーギャン(1848-1903)フランス/目に見えない神秘的な要素、観念、思想をカンヴァスの上に再現する総合主義を提唱 ゴッホ(1853-1890)オランダ/重量感を与える厚塗りで風景の中に自分の精神状態を描き出そうとしたポスト印象派を代表する激情の巨匠 スーラ(1859-1891)フランス/視覚混合を使った作品を考案、新印象主義の創始者 シニャック(1863-1935)フランス/スーラ亡き後、新印象派の担い手

スーラ作品一覧

グランドジャット島の日曜日の午後(1884-86年27歳)スーラ/小さなドットのみで描かれた画家の代表的作品

小さなドットのみで描かれた絵

スーラはこの絵の制作に2年をかけ、習作を多数描いたり、何度も描き直したりして公園の風景に慎重に焦点をあてていった。特に色、光、形に意識を集中させ、縦2メートル、横3メートルの画面を構成。人々や風景は緊密に配置され画面全体に躍動感よりも静謐さが支配しているが、原色など明るい色の絵具を用いているため日陰にまで光が行き渡っている。

各画家の代表作品

グランドジャット島の日曜日の午後(1884-86年27歳)スーラ/小さなドットのみで描かれた画家の代表的作品 夜のカフェテラス(1888年35歳)ゴッホ イア・オラナ・マリア(1891年43歳)ゴーギャン/イア・オラナとは画家に強い印象を与えたタヒチの挨拶の言葉 井戸と女性(1892年29歳)シニャック リンゴとオレンジのある静物(1895-1900年61歳)セザンヌ
PAGE TOP